●プラザNYH

〒620-0913 京都府福知山市牧813  TEL/FAX:0773-33-4385 営業時間:10:00-20:00 

日曜・祝日10:00-18:00 定休日: 月曜日

NYH9A2A1631
NYH9A2A1631

press to zoom
NYH9A2A8720
NYH9A2A8720

press to zoom
NYH9A2A8894
NYH9A2A8894

press to zoom
NYH9A2A1631
NYH9A2A1631

press to zoom
1/4

細部のこだわりを包み隠さず見せてくれる。

その仕上がりは納得のできばえ!

 京都や大阪・神戸などの関西圏から、軽いドライブをして到着する福知山を拠点とするプラザNYH。ショールームに入ると、馬に掛けられたミニが展示してある。代表の高木さんによれば「これは見本車、うちの板金塗 装やこだわりの部分を見せるため」とのこと。床には下まわりを見られるように鏡が置かれている。ミニは車歴も経っており、板金塗装などをする際に手間の掛かる部分も多い。下まわりなどはチェックしにくい部分であるが、見えない部分も手を抜かずしっかり仕上げているのを示す為だそうだ。ベース車を仕入れてから全部バラバラにされ、ボディもひっくり返した状態で板金塗装なども行うなど、細部の仕上げにもこだわりを持つ。エンジンやドライブトレインもバラバラにされた状態でメンテナンスされ再度組み上げられる。とてつもなく時間と手間を掛けてレストアされている。そしてボディやエンジンなどを仕上げた状態で保管し、オーダーが入ると組み立てていくという。

 綺麗に仕上げているからこそ、長く乗ってもらいたい、消耗品も多いのでしっかりメンテナンスして乗ってほしいが、そのためには売った時のクルマが良くないと大事にされない。という思いがあるため、インジェクション車などは配線やガソリンタンク、燃料ポンプなどもしっかり整備してから売りに出しているとのこと。板金塗装だけでなく、当時使われていた白ガラス(現在は青ガラス)や細かいパーツも多くストックしてあるので、どのようなオーダーにも対応できるなど仕上がりの品質にとことこだわっている。プライスは一見高く感じるが、その品質と手間を考えれば妥当な値段だという事に気がつくはずだ。ワインディングや観光地、高速道路など走りがいのある道が多い福知山、楽しみながら出かけたいショップだ。

NYH9A2A1631.jpg

The Italian Job in Awaji Island 2018開催

NYH9A2A8894.jpg

倉庫にはレストア待ちの車両も。よく見るとディーラーもののMklやクーパーSも!

NYH9A2A8720.jpg

お店から離れた工場で板金塗装や組み立てなどを行うため、店内は必要最低限なものが展示されている。

NYH9A2A8715.jpg

ショールームには馬に掛けられたミニが展示されている。下まわりや車内など細かい部分の仕上がりを見て、これらを見本にボディカラーや細部の仕上げなどのオーダーができるのだ。

ボディはドンガラの状態にして徹底的に板金塗装を行うので絶対の自信を持っています。安心して長く乗ってもらえるようにミッションやエンジンも全バラから組み立てるなど手間を掛けています。

​最新・過去のブログはこちら